夏季といえばあたしは夏季流感を必ずといって宜しいほど引きます

ここからご記載下さい。夏場といえば夏場流感の他を持ってビジョン始めるものはあたしにとってありません。
夏場といえば暑く虫のチャンス。夏はボディに支障をきたす。
夏は厭わしい。
夏に食べたい一品といえば、刺々しいラーメン系統。河童間近というコースが生じるラーメン屋も残る。
あるいはコンビニエンスストア系のとろろ蕎麦。
夏場といえば、氷菓のアイスボックス。
夏はあたしにとってやっぱり心苦しいチャンス。
と言いつつ冬にも流感を引き体調を乱すあたし。
やっぱり。活きておるということは疎ましいことなのかという結論に突き当たる。
ストレスフリーの人命を過ごしたいものだ。
ボディも脳裏も本心も全くきつくない現状のあたしなどいままで存在したことが無い。
あぁ100パーセント楽になりたい。100パーセント気楽になりたい。やっぱり何はともあれ真っ直ぐ息苦しい。
あぁ香ばしい。あぁきつい。あぁきつい。あぁ酷い。あぁ貧しい。あぁ小さい。あぁ恥ずかしい。あぁ匂いがよどんでる。あぁ世の中は腐ってる。
トランプよ素早く実情を変えてくれ。
不幸への輪舞。
実情はそれでも変わりはしないのか。本当に!。
なんだかんんだいってもっと生きてぇんだイマ イマ イマ! 
さようならさようなら自分の嫌いな周辺だけ
よろしいとこ記し。近頃実例からニュー DAY
掴みたい掴みたい将来見たい情景!脱毛石鹸を実際に使った人の口コミは?

生真面目じゃない妻は今すぐにでも別れて次へ向かうべき

基本的に時間やプラスにルーズな旦那でした。
まず、昼前の9まま待ち合わせして遠出講じる心づもりでしたが連動がなくて何度電話しても繋がりませんでした。起きたと連動が来たのが13シチュエーションとかで用意して起きる頃には14シチュエーションとか15ままなっているので、どこも出掛けられませんでした。
そのうえ、約束してたのに、遠出は泊まりじゃないとしたくないとか当日になって文句を言って来る手入れ。
適切頻度で遅刻してくるので、我々在宅を見つかるのは、連動がついてから掛かるようになりました。
にも関わらず、起きたとか在宅を出たとかの連絡をまるでしてきません。
控え室に着いたや着いてるという連絡をしてくる。
都度回時間を守る人間なら問題ないのですが、なんども素晴らしく遅刻してきといて、ホウレンソウがまるでなっていないので、本当に腹が立ちました。
また、遠出をやるってわかってるお天道様なのに、集合したら、最近お金がないと当日に言ってくる。
我々、奢ったりはしたくないし、プラスもないので、結果遠出やスタートができず、どこにも連れてってもらえません。
先にお金がないとわかってるなら、そもそも逢いたくないとなんども伝えてます。
だって結果何もできないので、私も時間ではないのでら本当にいいジャンクでした。Lementはマギーやダレノガレ明美も愛用

昭和の恋と平成の恋の間隔とは一体何?

時は昭和。
まだテレホン電話も無いところのハナシだ。

身に初めて恋人ができたのは、転職して1人暮らしをしてからのことです。
今の若者からは考えられない、奥手な女子大ライフでした。

実家にいたところは両親が厳しく、夫から電話がかかってこよう存在なら、即ガチャン!
アパート通いの学生時代には、睦まじいボーイフレンドなどできみたいもありませんでした。

近隣はみな、アッシー様だのメッシー様だの複数はべらせて、それはそれは鮮麗で楽しそうな女子大生くらしを満喫しているのに、自分は…!
厳格な両親の「次女はいません、ガチャン!」さえなければ…
と、どれだけ黒電話をうらめしく眺めたか、わかりません。

なので、家庭を出てから、真っ先に買ったのは、留守番電話。
初めての自分だけの電話だ。

これで、想う存分、恋愛がこなせる!
と本気で信じていました。

自分の考えでの応えメッセージを吹きこんでは、
素っ気なさすぎるかしら?
いいえ、これだと、媚びてるみたいだわ…
と何度もやり直しては、ワクワク脈拍。

これから、一体何者からどのくらいここに電話が掛かるのかな?
と胸をときめかせていた、純情すぎる23才の春。

そして、仲の良い友達の紹介で知り合ったヒューマンからの電話が、たびたび繋がるようになったのは、留守番電話を買って1ヶ1ヶ月のところでした。

リン、となると、あの人かな?とドキドキしながら気取った考えで電話を取り、お風呂に入っている間にかかってきたらマジ!と、いそいそと留守番電話をセットします。

毎晩1時間は貫く、初めてできた恋人との電話は、両方なかなか切れず、
「切って」「いや、様から切ってよ」「じゃあ、いっせいのせ、ね!」
と、目下で言う「バカップル」自体でした。

そつて蜜1ヶ月が過ぎ、分かれをどうやって切りだそうか面食らう旬には、
電話が鳴り渡るとドキリとして、恋人だったら出たくないな…と居留守を活かし、留守番電話を取り付け。
別の仲の良い友達の考えがすると、慌てて受話箱を盗るという毎年。

ついに分かれを切り出したのは、文でした。
会って話す根性はないけれど、電話でお離れ、なんて失礼なことは出来ない、と悩んだ後半の、最後の封書。

ネットで恋愛人をみつけ、LINEで決別を呼べる今日は、確かに快適だけれど、
そんなトキメキやドキドキは、絶対に味わえないのではないでしょうか。

そしてあれから四半世紀たった今、あの初めての恋人は、目下どうしてるのかな?と、時折思い出すこともあります。

SNSなどで調べれば判るかもしれないけれど、昭和の恋愛には似合わないので、それはやりません。

あの時代のサインとも言える、記号のついた電話とともに、心の裏に、そっとしまっておきましょう。アイリーバストアップリフターの口コミはウソなのでしょうか?

猫も嫉妬するんだ。というお話。

我が家の猫のことです。我が家には2匹の猫がおり、ようやく目が開き始めたかな?くらいのまだ子猫の頃から引き取って育ててきた猫です。2匹とも控えめに言ってすごく可愛く、大げさに言ってしまえば世界一可愛い猫なんじゃないか。というくらい可愛がっているんですけれども、見ているとこの2匹、ずいぶんと性格が違うようなんですね。外出して帰ってくると、1匹はゴロゴロと甘えた声を出しながら近づいてきて「撫でてください」と言わんばかりに体を擦り付けて来るんです。要求通り?に撫でてあげると、それはそれは幸せそうに目を閉じてゴロンと横になって更なる『撫で』を要求してくるわけなんですが、もうそれが可愛いのなんのって。世界一を通り越して宇宙一可愛いんじゃないの?っていうほどです。ヤバイ。マジ可愛い。我が家の猫チョー可愛い。…話が逸れました。で、その甘えてくる猫を撫でていると、もう一匹の猫が明らかに威嚇のポーズを取っているではありませんか。あれ?どうしたどうした?と思いつつも撫で続けていたら、撫でられて気持ちよさそうにしている猫に向かって、いきなり噛み付いたではありませんか。撫でられていた猫もビックリですし、私もビックリです。ケンカが始まったのかな?と思って様子を伺い続けていると、噛み付いた猫は「さっきはゴメンね」と言わんばかりにくっついているし、噛み付かれた方の猫も「気にするなよ」と言わんばかりに舐めてあげて、さっきの騒動はどこ行っちゃったの?という状態です。落ち着いたところで思い返してみると、私に甘えてきた猫に対して噛み付いたということは、「俺というものがありながら人間に甘えるとは何事だ!」とみたいな感じで噛み付いたんじゃないかしらと思うんです。もしそうだったとするならば、猫も人間と同じように嫉妬するんだなぁ。と考えて微笑ましい気分になったのですが、ちょっとまって。君たち2匹ともオスでしょ。ということを思い出して、なんだか生ぬるいようなそんな気持ちになりました。
スタビーチが懐かしい